デザイン

第1回いまさら聞けないHTML・cssの読み方講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLのタグだったり、cssプロパティってなんて読むのかわからないものが多いですよね。
これがまたデザイナーになりたてだと本当に多くて困ってしまいます。
先輩に質問に行くときも声に出してタグ名やプロパティ名を言わないと、どこがわからないのかも説明できず
でも読めず……というジレンマです。
そこで今日は、HTMLタグやcssプロパティの読み方について調べてみることにしました。

img src

画像を挿入するときに使うタグですね。
「img」は「イメージ」だと直感でわかりますが、
「src」とは一体……と悩んでいた時期が私にもありました。
これは「ソース」ですね。
なるほどなるほど、イメージのソースを指定していると考えれば納得です。

a href

こちら「アンカーエイチレフ」もしくは「アンカーハイパーレファレンス」と読むそうです。
「a」を「アンカー」と読むことはなんとなく知っていましたが、
「href」を「エイチレフ」と読むことは実は調べるまで知りませんでした。
「え? ハーフ?」なんて思っていたので、ごく稀にと間違えて記述して
「リンクにならない……なんで……」なんてやっていましたが、読み方さえ覚えればもう間違える心配もありませんね。

width height

高さと幅を指定するcssですね。それぞれ「ウィズ」「ハイト」と読みます。
「これウィズって読むのか~ワイズだと思ってた~」とショックを受けました。
今までそう読んでいたので、もしかしたら先輩方の中にも
「あ、こいつ間違えて読んでる」と内心笑っていた方がいたのかも……
いえいえ、そんな方いませんよね!

text-align

行ぞろえの位置を指定するあれです。
これは簡単「テキストアライン」ですね。ただ厄介なのは、これの値を指定するとき。
left、right、centerはいいとして「justify」です。
「じゃ、ジャスティフィ……?」いいえ「ジャスティファイ」でした。

border-radius

「レイディアス」角丸にするやつですね。よく使います。
よく使う割に読み方を間違えていました。
「ラディアス」と読んでいました。お恥ずかしい……

まとめ

意識してみると読めないものや読み方を間違えているものがたくさんありました。
今日のこの記事だけではとても紹介しきれないので、機会があれば第二弾、第三弾と
続けていきたいと思います。
もう読み方で恥ずかしい思いはしない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加