ミニコラム

【地元民おすすめ!】静岡の地酒特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。
デザイナーのhacoです。
前回のコラムの当番をパスしたので約2ヶ月ぶりの登場です。

今回は3月ということで、お花見シーズンや歓送迎会などに向けて飲む機会も多くなるお酒について書きたい思います。(web関係ないとか言わないでください!)

ではではさっそく!

日本の酒処として兵庫県や京都府などが有名ですが、静岡県内にも20ヶ所以上の酒造会社があるんです!
といっても工場で大量生産をするのではなく、少量ずつ丁寧な作り方で蔵ごとの特色を出しているので生産量自体は少なめなそうです。
今回はサンロフトお酒好きの方々がおすすめする静岡のお酒やお酒が飲めるお店をご紹介していきます。

日本酒

やはり地酒と言うと日本酒を思い浮かべる方が多いですよね!
サンロフトのある焼津市や近隣の地域にも日本酒を作っているところが一番多いです。

磯自慢

有名・・・ですね。他県のお酒好きの方と飲んでもだいたいみなさんご存知です。
洞爺湖サミットで採用されたことで当時高校生だった私でも知っていました。
あとサイトがかっこよくて好きです。

磯自慢酒造株式会社
http://www.isojiman-sake.jp/

紹介してくれた人

デザイン課 M・Sさん
「やっぱ磯自慢でしょー!」

初亀

社内の聞き取り調査で一番多く上がったのがこちらでした。
すっきりしていて飲みやすく、色々なお料理に合うお酒です。私も大好きです。
パッケージや包装が綺麗なので贈答用にもぴったりですよ!

紹介してくれた人

パステル事業部 N・Tさん
「辛口が好きです」

高砂

富士宮のお酒で、紹介してくれたTさんによると毎年1月に試飲などができる「蔵開き」というイベントが行われているそうで食べ物や子供向けの催しもありとても賑わっているそうです。
スパークリング梅酒も美味しかったとのことなので、ぜひいただいてみたいです!

富士高砂酒造
http://www.fuji-takasago.com/

紹介してくれた人

総務経理部 Y・Tさん
「とっても楽しかったんです!」

白隠正宗

富士山の地下水から作られている沼津のお酒です。
吟醸造り麹の甘酒も作られているそうでとても気になりますね!

沼津発「甘酒」市場参入へ 富士山の水+吟醸造り麹
http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/331642.html

高島酒造株式会社
http://www.hakuinmasamune.com/

紹介してくれた人

モバイル・セキュリティ事業部 T・Aさん
「ふふふふふふ」

おいしいお酒が飲めるお店

台所屋 一軒目

こちらは私も大好きなお店なのです!
お酒やご飯が美味しいのはもちろんですが、店員さんがとっても元気で楽しいです。
駅から徒歩1分以内というのも嬉しいですね!

台所屋 一軒目
https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220301/22014516/

紹介してくれた人

総務・経理部 Y・Sさん
「レモンサワーほど魅力的な飲み物はないよね!」

ふくろう

地元のお酒も扱っていて、お料理もとっても美味しいそうです!

ふくろう
https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220301/22014516/

お照ん友

お酒の種類が豊富で、お店がとてもおしゃれです!

お照ん友
http://otsukisun.com/contents/NOD18/

紹介してくれた人

総務・経理部 K・Oさん
そんなに飲みいかないと言いつつたくさんおすすめのお店を教えていただきました。

AOI REEWING

静岡市内初のクラフトビール醸造所だそうです。
すごくいまどきな雰囲気のお店で前を通りかかるといつも賑わっていてる静岡のおしゃれスポットです。
教えてくれたNさんによるとチーズケーキが美味しいとのこと。
サイトもとってもおしゃれですね!

AOI REEWING
http://aoibrewing.com/

紹介してくれた人

webシステム事業部 H・Nさん
「おいしい」

かぜんぐ

大人数で集まる時は大体かぜんぐさんに行きます。
ご飯も美味しいしお酒も美味しいし、なにより広くて快適なんです。
サンロフト社員も余裕で入ってしまします!新人歓迎会にぴったりですね!

かぜんぐ
https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220301/22017623/

まとめ

まだまだ紹介しきれませんが、隠れた名店や美味しいお酒がたっくさんあります。
これからの季節、お花見や歓送迎会などで利用されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加