アクセス解析

目指せアクセス解析マスター!<Googleアナリティクス初級編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おひさしぶりです。はじめましての人は、はじめまして、
明日でちょうど入社1年のデザイナー山本です。

1年で、仕事もある程度覚えて、そろそろ個性も出していきたいなと思う年度末。
明日から新年度。

ということで、抱負をひとつ。

「Googleアナリティクスを社内で1番使いこなせるデザイナーになる」

「1番」とは我ながら大きく出たなと思いますが、
とりあえず頑張ってみます。

来年の今頃には「アクセス解析に基づくサイト改修」ができるようになっている予定です。
なので、今回から、ここではGoogleアナリティクスに関する記事を書いていこうと思います。

まずは、初回ということで、Googleアナリティクスの基本用語のおさらいから行きましょう。

Lesson1

次の文章を読んで、問いに答えなさい。

ある日、山本さん(仮名)が、このサイトに「ホームページのリニューアルしたいな~」と訪れました。
まず「どんなサイトを作ってきたのかな?」とトップページから『制作実績』のページへ移ります。
「どれもきれいに作ってあるな~」とご満悦な様子で『私たちができること』のページを見始めます。
「色々できるんだな~。やっぱり簡単に更新できるCMSで、アクセス解析もしてくれるところがいいよね!」
と、ほぼほぼここに依頼することを決めた山本さん。
そのあとは散策をするようにスタッフコラムを読み始めました。
6件ほどコラムを読んで満足した山本さんは、ブラウザを閉じて上司の鈴木さん(仮名)に
「ここにホームページのリニューアルを依頼しましょう!」とこのサイトを教えました。
上司の鈴木さんは、さっそくサイトを訪れて、『選ばれる理由』ページを見た後、
お問い合わせフォームから、ホームページリニューアルについての相談メールを送信したのでした。

さて、このときの「セッション数」「ページビュー数」「ユーザー数」「コンバージョン数」を答えなさい。
なお、当サイトのコンバージョンは「お問い合わせの送信完了」とします。

セッション

セッションとは、サイト内に流入してから離脱をするまでの一連の流れであり、
その間であれば何ページ閲覧しても、逆にトップページしか見ずにサイトを出たとしても、
セッションは「1」とカウントされます。
ただし、サイト訪問中にCookieの削除を行ったり、日付が変わったりした場合などで
セッションが切れた場合など例外はあります。

と、言うことは、問題に置き換えると山本さんのセッションが1。
鈴木さんのセッションも1。合計でセッションは「2」となります。

ページビュー数

ページビュー数は名前そのままで、ページが閲覧された回数です。
今回、山本さん見たページは

  • トップページ
  • 制作実績
  • 私たちができること
  • スタッフコラム×6

の9ページ。

鈴木さんは

  • トップページ
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせフォーム

の3ページ。

なので、ページビュー数は合計して12ページです。
ただ、ページビュー数はページの更新や再読み込みでもカウントされてしまうので、
せっかちな山本さんが、ページが表示されるのを待ちきれずに更新ボタンを連打していたら、
ページビュー数も変動してしまいますね。

ユーザー数

ユーザー数は、ユニークユーザー数のことで、
同じ人が何度サイトを訪れても、その解析の期間中であれば「1」とカウントされます。
なので、今回は2人ですね。

例えば、ユーザー数に比べてセッション数が多い場合、
リピーターが多いとみることが出来そうですね。

コンバージョン数

コンバージョンとは、そのサイトで獲得した成果のことです。
例えば、ECサイトなら「商品の注文、購入」、製品サイトなら「お問い合わせ、資料請求」
広告掲載をしているサイトなら「バナー広告のクリック数」など、
業種やサイトの役割に合ったコンバージョンを設定することが大切です。

今回は鈴木さんが一件お問い合わせを送っているので、
コンバージョンは「1」です。

まとめ

新しい試みとして問題形式にしてみました。

こんなかんじでGoogleアナリティクスについて定期的に記事を書いていきたいと思います!
アクセス解析初心者の方々。一緒に学んでいきましょう!

ベテランの方にも得があるように、たまに応用編を挟んでいきますね。

ちなみに、次の更新は来週金曜日です。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加