デザイン

変わりゆくスポーツカー達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧ありがとうございます。はじめまして。インターンシップ生の水元と申します。

個人的に私が車好きということもあり、今回はHONDAのNSXという車のリニューアルをテーマに書かせていただきました。今でも高い人気を誇る旧型と、最近発表された賛否両論ある新型のどこがどう変わったのかをデザイナー目線で紹介したいと思います。

早速ですが、もしあなたが車を買うとしたら、何を基準に決めますか? 外観、性能、燃費… 目的や用途に応じて車の種類は様々です。

今日本の自動車メーカー各社が10年、20年近く前に発売された人気スポーツカーのリメイクを始めています。スポーツカーというと、早い・高性能というイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、実際は燃費の悪さや維持費の高さなどがあり、最近の若者はスポーツカー離れしつつあると言われています。今回のリメイクにはそういった問題点を克服しつつデザインを一新させ、再びスポーツカーの人気を呼び戻す狙いがありそうです。

今回紹介するHONDAの新型NSXは性能が大幅アップしたことはもちろん、他社に対抗として内装の高級感やトランクルームが小型化されています。さらに大きな違いとして旧型はフロントにスペアタイヤが入っているのに対し、新型はスペアタイヤの装備が廃止されモーターが入りました。まさに走りに専念したモデルといえます。

下の二つはNSXのリニューアル前と後の写真ですが、外見は旧型のほうがよかったという声もあります。写真左の初代は、街中で見かけるだけで鳥肌が立ってしまうと言われるほど人気で私自身もお気に入りでした。しかし最近発表された新型はカッコ悪い、高すぎるなどの不満の意見が出ています。一方で「いまさら言うことではない」「こういう車がもっと増えてほしい」といった意見も出ていて、人それぞれ好みが分かれるということでしょうか。

原因の一つとしてリトラクタブルライト(リトラ)がなくなったことが考えられます。リトラとは、ボンネットから出てくるライトのことです。70年代以降から採用されスポーツカーの象徴ともいえる部分で、NSXもその一つでした。しかし問題点が多数あり、空気抵抗や飛び出たライトの危険性、そもそも意味がないといった理由で、今は車にはほとんど見られなくなりました。

 

左:旧型 NA1 (1991)   右:新型 NC1 (2016)

 

 

 

 

 

 

新車発表は写真のように赤色のイメージが強いと思いませんか? 私の見解としては明るい色で乗る前からパワーがみなぎるような効果があるからだと思います。

出典http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/12/honda-new-nsx_n_6459952.html

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加