Webマーケティング

あなたのホームページ作ってそのままにしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ解析士の加藤です。

お客様から受ける相談やお問い合わせで「数年前にホームページを作ってそのままなんだよねー」や「作ったあと何をするばいいか分からない」とか「良いホームページを作ったら、一気に成果が出るんだよね?」などの声を聞く機会があります。

ホームページを作ったあと、しっかりと運用できれば自分の会社やサービスを24時間365日宣伝してくれる営業マンになります!今回はそんなホームページ制作に関する基本的なことについてご説明していきます。

作ることだけに頑張ってしまいがち

ホームページは作ったあとが大切です。
しかし作ることに一生懸命になり以下のような問題が起きてしまいがちです。

  • 制作に予算や時間を使い果たして、完成後は作ったまま放置してしまう。
  • ホームページが完成して満足してしまい、何となく「これで大丈夫」と思ってだれも何もしなくなってしまう。
  • ホームページをきれいに作ることはできても、それを改善するスキルやノウハウがない会社をパートナー会社に選んでしまう。

勿論、しっかりと考えられたホームページであれば、作るだけでもある程度の効果はあります。
しかし、リリース後に何もしなければホームページの効果はだんだんと減ってしまう可能性があります。

放置していると効果が減る

なぜ効果が減ってしまうのかというとこんな理由が考えられます。

競合他社が対策を出してくる

自社のホームページが良いものであればあるほど、他社が研究して対抗策を出してきます。
そういった会社が、こちらが打ち出した改善作や強みを真似して、それらを打ち消すようなものに変えてお客様を奪っていきます。

そもそも問題はリリース後に見つかるもの

どんなに考え抜いて作ったホームページでも、実際にリリースしてみると想定していなかった改善部分が必ず出てきます。
また最近はホームページを見ているお客様の目が肥えているため、ブログや最新情報の更新が止まっているのをみると不信感を感じてしまいます。

なのであらかじめリリース後の予算と人の体制について整え全体の予算のうち運用費用も含めた考え方が大事になります。

現実問題そこまで手間をかけられない

ただ、「仕事をしながらホームページにそこまで時間が掛けられない」
「手間が多くて面倒くさい」「どこのページを改善すればいいかわからない」
など、多くの会社がこんな課題をお持ちで、分かっていても手を着けられないことが多いと思います。

そこで、社内に専門家や、Webチームを作れない場合はホームページを制作する際に現状分析をし、改善支援が出来る会社を選ぶことをオススメします。ホームページを作ってから、ユーザーのニーズに応えていくことでようやく成果が出てくるはずです。

もし今、パートナー会社の選定でお困りの方がおられましたら、各パートナー候補会社に、運用サポートについて具体的な内容を聞いてみた方がいいかもしれません。

まとめ

ホームページをそのままにせず、作った後のことを考えていく必要があります。
そうすることで、ホームページは24時間365日宣伝してくれる営業マンになるはずです!

特に今のWeb業界は移り変わりが早いので、
素早く対応し、修正・変更してくれるパートナー会社を選んでいきましょう。

サンロフトではサイトの制作・運用に関する支援をさせていただいております。
何かお困り毎などご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

ご相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加