Webマーケティング

Web広告って何だろう?種類と効果を高める運用方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!サンロフトブログ担当です!

「Webサイトを立ち上げたはいいが、プレビュー数が上がらない」、「既存サイトの認知度を広めていきたい」など、サイトの訪問数などについて課題をお持ちの方も多いと思います。

そこで、今回はWeb広告の種類と効果的な活用方法をみていきます。

Web広告の特徴

近年、Webは他の広告と比べ年々市場規模を拡大しています。
電通が発表した「2019年 日本の広告費」によると、インターネット広告(Web広告)が初めてテレビメディア広告費を超えたとされています。
私たちの購買行動が、いかにPCやスマートフォンによるインターネット上で行われているかが結果に表れています。
また、他の媒体と比べてWeb広告には以下のような特徴があります。

  • ユーザー設定が明確に行える
  • 数字で効果測定ができる
  • 低予算からスタートできる

これまでは、広告を使用したけれども本当に広告効果で商品が売れているのか、認知度が広がっているのかは、アンケート等の追跡調査をしないと分からないものでした。
しかし、Web広告では性別・年齢・居住地・趣味嗜好など様々なセグメントを設定して発信することができ、特定のユーザーへ広告を届けることができます。

また、広告をクリックしたユーザーが購買行動を起こしたのかというところまで、設定次第ですぐに分析できる仕組みになっています。
そして、予算に合わせて広告が出稿できるため、必ずしも数百万円規模の初期投資は必要ありません。
このように、今までの不透明さとは異なるWeb広告は開始以降一気に広がっていきました。

Web広告をするときに押さえておきたいポイント

Web広告は誰に届けたいかが重要です。
マーケティングにおいて、ユーザーは以下の層に区分できるとされています。

  • 顕在層:商品やサービスをすでに知っている・見たことがある・自分で検索したことがある
  • 潜在層:ニーズを抱えており、自社の商品やサービスで解決することができる
  • 低関心層:ほとんど知らない、興味がない

このように、自社の商品やサービスはどの層に向けてアピールしてWebサイトへ訪問を促す必要があるのかを検討していきます。

Web広告の種類

ディスプレイ広告

画像を使った広告で指定された箇所に表示されているのが、ディスプレイ広告です。
パッと目を引くようなクオリティの高い広告や、訴求内容がしっかりしていればクリックにつながりやすい種類になります。
また、限られたスペースで効率よく情報を出すことができるため、潜在層へのアプローチに適しているといえます。

ディスプレイ広告

リスティング広告

検索結果画面に表示されるテキストでの広告手法で、検索ワードを指定してそれに合わせてWebサイトが広告スペースへ表示されるようになります。
リスティング広告は比較的クリック率が高く人気があるため、競合が多い検索ワードを指定するとクリック単価が高くなり表示回数が減るため、ワードの選定など戦略的に進めていく必要があります。

期間限定で集客率を上げたい時などには有効とされています。
また、キーワードでの表示となりますので、顕在層へのアプローチに効果的です。

リスティング広告

純広告

一定期間が設けられ、その期間に応じて確実に表示される形式の広告を指します。
例えば、Yahoo! のトップページの右上画像は広告枠であり、「Yahoo!JAPANブランドパネルビジョン」と呼ばれています。
その他、バナー広告や記事などのタイアップ広告や動画広告など、幅広く種類が用意されています。

Yahoo!だけではなくGoogleにも同様の仕組みがあり、2社が運営している検索エンジン以外の媒体でも広告が出稿できるプランがあります。
効果的に運用してくためには、Yahoo! とGoogle両者のユーザー層などを鑑みて、出稿を検討する必要があります。

このように幅広く露出することから、潜在層から低関心層までが対象となり得ます。

純広告

リターゲティング広告

一度サイトへ訪問した人に対して、追いかけて広告を表示する仕組みです。
ディスプレイ広告やテキスト広告、動画広告など様々な形で行うことが可能です。

一度訪れたということは少なからず興味があるため、繰り返し訴求することで効果が期待できる手法です。

また、リターゲティング広告は顕在層へ効果があるといえます。

動画広告

動画を活用して広告をする方法で、テキストや静止画などでは表現できない企業の姿勢やストーリーなどが表現できます。

上手に活用することで共感が広がりファンが増え、SNSなどでの2次的拡散も期待できます。
最近では純広告やリターゲティング広告などでも出稿が可能ですが、YouTubeなど動画サイトでの広告ができることがポイントです。
一方で、動画制作は他の広告と比べ制作費に費用が掛かることは念頭に置かなければなりません。

動画広告は短い時間で多くの情報を伝えることができることから、低関心層へ向けての認知拡大に適しているといえます。

動画広告

ネイティブ広告

一見、広告ではなくネットの記事や投稿であるかのような形で存在する広告のことです。
また、その中でもインフィード広告の一種であるSNS広告が人気です。

Twitter、Facebook、Instagramなど様々なSNSが存在しますが、年代層などによっても使用しているSNSは異なるため、適切な選択が必要です。

SNS広告が人気の理由としては、最近はSNSを見て購入を検討したりなど下調べの場として活用されている背景と、SNSが持っているユーザーの情報量です。
今後ますますSNS広告は広がっていくのではないかと予想されます。

これらのことから、SNS広告は潜在層や低関心層まで幅広い人々へのアプローチができます。

ネイティブ広告

まとめ

今回はWeb広告の種類と効果的な活用方法についてご紹介しました。

効果的な広告を運用するためには、ユーザーに合わせた広告手法を選ぶことが大切です。
適切なユーザー設定と広告選定をして、最大限に活用していきましょう。

また、サンロフトではWeb広告について提案・運用を行なっています。
「始めて見たいけどよくわからない」「いくらくらいかかるのかな」など、疑問点がありましたらぜひサンロフトまでお声がけください。

Web広告に関するご相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加