Sunloftweblog

Webマーケティング会社の選び方。はずせない3つのポイント

・Webをうまく活用してマーケティングを行いたい。
・Webマーケティングの会社の選び方を知りたい。

Web市場が拡大していく近年、このように考えている方も多いのではないでしょうか。 本記事ではこのような方のために、Webマーケティングの考え方から会社の選び方まで紹介していきます。

1. Webマーケティングとは

Webマーケティングってそもそも何?

Webマーケティングとは名前の通り、「Webを通じて行うマーケティング」です。
まず、Webについて記述する前にマーケティングとは何かをご説明します。
日本マーケティング協会によれば、 「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」 と定義されています
簡単に言えばマーケティングとは「顧客との関係構築と売れる仕組み作り」を行うということになります。

では、Webマーケティングとはどのようなものなのでしょうか。
多くの人はWebマーケティングを「Web上で行うマーケティング活動」と捉えがちですが、 「Webが発達していく環境に適応し、最適化していくマーケティング活動」と捉えた方が良いでしょう。
年々、テレビや雑誌などのかつてのマスメディアとの接触時間は減少し、Web媒体のメディアの接触時間が多くなってきています。
Web媒体のメディアの発達により、情報流通量は年々肥大化する中で、消費者の情報消費量はほとんど変化していません。
そのため、一方的な広告や営業は消費者に届きにくくなっているのです。
このような環境の中で顧客との関係構築と売れる仕組みを作ることがWebマーケティングなのです。

Webマーケティングのメリットは?

Webマーケティングのメリットは様々ですが、特筆すべきは以下の3点です。

  • タッチポイントの多様化
  • カスタマージャーニーに合わせた連続的な施策
  • 顧客理解と関係構築

詳しく1つずつ解説していきます。

タッチポイントの多様化

まず最初に、タッチポイントについて解説します。
タッチポイントとは、簡単にいうと「顧客と企業の接点」のことです。
もう少し噛み砕くと、「企業の製品やサービス、コンテンツなどが、顧客と関わる点」ということになります。
Webマーケティングと一口に言っても、SEOやSNSマーケティング、コンテンツマーケティングなど、様々な方法があります。
前述したように、情報流通量が増えたため、顧客は様々な方法で情報収集を行うようになり、購買行動は複雑化しています。
このように複雑化した顧客の購買行動に適切にアプローチするためにタッチポイントを多様化させる必要があるのです。
Webを使い、様々なマーケティング手法を実施・解析することで想定できる顧客へのアプローチを最大化することができます。

カスタマージャーニーに合わせた連続的な施策

マーケティングの言葉でカスタマージャーニーというものがあります。
カスタマージャーニーとは、簡単に言えば「顧客がものを購入するプロセス」のことで、 現代では「認知→興味→検索→行動→共有」というプロセスが一般的です。
この各段階に合わせた様々な手法で連続的に施策を行うことがWebマーケティングに期待されています。

顧客理解と関係構築

テレビや雑誌、新聞などのアナログな媒体と違い、Webを活用することにより、 クリック率や、流入元、そのページの滞在時間など、細かな情報を収集することが可能です。
このデータをマーケティングに活用することで顧客の満足度の向上やリピーターの獲得など、顧客理解と関係構築に活用できます。

2. 成功事例が知りたい!

レシピ動画数国内No.1!レシピ動画サービス「クラシル」

レシピ動画サービスの「クラシル」は、「70億人に1日3回の幸せを届ける」というミッションのもと、 「アプリやWebなどのオウンドメディア以外でいかにユーザーとの接点を持つか」ということを重要視し、Instagramに注力しました。
SNSマーケティング、コンテンツマーケティングを駆使し、フォロワーは220万人超え、国内のレシピ動画アプリが運営するInstagramではNo.1のフォロワー数を持つアカウントに急成長しました。

https://www.kurashiru.com/

Webから月200件の問い合わせを獲得!ソウルドアウト株式会社

日本全国の中小企業の成長支援を行なっている会社、ソウルドアウト株式会社は、テレアポや飛び込みなどのプッシュ型の営業に限界を感じ、ブログを開設。 Web広告、リスティング広告、ステップメールやSEOマーケティングを駆使し、公開から半年でブログから月間200件も問い合わせを獲得できるまでになりました。
多くの問い合わせを獲得するだけでなく、プッシュ型からプル型の営業になったことで、見込み度の高い顧客を獲得することができました。

https://www.sold-out.co.jp/

3. ここだけは押さえたい選ぶ際の3つのポイント

オウンドメディアを所有しているか

Webマーケティング会社を選ぶときはその会社がオウンドメディアを所有しているかを確認しましょう。
Webマーケティング会社が実際にどのように運営しているのか、結果は出ているのかが重要なポイントになります。
自社のオウンドメディアが上位検索に来ていなかったり、運用がうまくいっていない会社は信用力に欠けてしまいます。

Webマーケティング全般を行えるか

Webマーケティングといっても様々な手法があります。
様々な方法を横断的に行える会社がおすすめです。
理由としては、様々な施策を状況に応じて横断的に行うことができるからです。
前述した、「タッチポイントの多様化」や「カスタマージャーニーに合わせた横断的な施策」など、 Webマーケティングのメリットを最大限に活かすことができます。

オンラインだけでなくオフラインの施策も検討できるか

顧客が購買行動はオンライン上だけで完結するとは限りません。
「店舗の来場数」や「イベントの集客数」など、オンライン上の施策がオフラインの場でどのような効果をもたらしているのかを考え、 場合によっては合わせてオフラインの施策も検討する必要があります。
そのような場合に、オンラインだけではなく、連続性のある施策をオフラインでも検討できるような会社を選ぶと良いでしょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単に内容をまとめると、
・Webマーケティングとは「Webが発達していく環境に適応し、最適化していくマーケティング活動」のこと。
Webが発達していく環境で顧客との関係構築と売れる仕組みを作ることが重要。


・Webマーケティングの成功事例 →クラシルの例…SNSマーケティング、コンテンツマーケティングを駆使し、国内のレシピ動画サービスでNo.1のフォロワー数に。
→ソウルドアウトの例…ブログ開設と横断的なWebマーケティングで月間200件の問い合わせを獲得。


・ここだけは押さえたい3つのポイント
1.オウンドメディアを所有しているか。
2.Webマーケティング全般を行えるか。
3.オンラインだけでなくオフラインの施策も検討できるか。

以上になります。
Webマーケティングをうまく活用すれば、様々なお悩みを解決することができます。 是非、検討してみてはいかがでしょうか。

たとえば、こんな悩みがある方はお気軽にご相談ください。

ビジネス戦略を立てるパートナーを探している/Webマーケティングを強化したい
/Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

オンライン相談

お問い合わせ