Sunloftweblog

Googleで検索上位になる! 担当者が知るべき3つのWeb集客方法

Web担当者になると、「たくさん更新をしているのにGoogleで検索の順位が上がらない」「Googleで検索の順位って何で決まっているの?」と気になる方も多いと思います。

そこで3つのWeb集客方法を取り上げます。

少しずつ実践し、Googleで検索順位を上げていきましょう!

1. よく聞くワード「SEO」って何?今こそ内的SEOを見直す時

SEOという言葉を聞いたことがありますか?
SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンで検索結果を表示するにあたり、運営してるサイトを最適化することです。
また、検索をかけた際に、サイトが上位に表示される施策の総称です。
つまりSEOに対する理解を深めることで、検索順位を上げる施策が見えてきます。 まず、サーチコンソール*を導入することをお勧めします。

サーチコンソール*とは、Googleが提供している無料のソフトで、サイトの評価・改善点のほか、サイトがどのようなワードで検索されているのかがわかります。
サイトの現状を知らずして、戦略は立てられません。
自らを知ることが、SEO対策の第一歩です。
なお、SEO対策には内的SEOと外的SEOの2種類に分けることができます。
内的SEO対策ではGoogleのガイドライン*を遵守したサイトになっているかが大切なポイントです。
これは、自ら完結できる対策です。
このガイドラインに沿って、サイトを構築していくと、Googleが適切に認識してくれるようになり、評価が高くなります。
内的SEO対策は短期間で成果に結びつくとは言えませんが、サイトの基礎固めには欠かせない工程です。SEO対策を取り続けることで、サイトを育てていく必要があります。

*サーチコンソール:https://support.google.com/webmasters/answer/9128668?hl=ja
*Googleのガイドライン:https://support.google.com/webmasters/answer/9526064?hl=ja&ref_topic=9456575

2. 自然にリンクが増えていく?効果的に使用するSNS

一方で外的SEO対策とは、外部からのリンクを増やすことで、サイトの質が高く、人気であることを検索エンジンへ伝えます。
人工的にリンクを増やすだけではなく、第三者に意思を持ってリンクを貼り付けてもらうことが大切です。
つまり、サイトの内容を評価し、有益な情報が掲載されていると外部へ認識してもらう必要があります。
その際に有効なのが、SNSを活用することです。
ただSNSに記事を掲載するのではなく、SNSの特性を理解し、ターゲットや目的を軸に検討していきます。
SNSの適性は以下のとおりです。

Facebook20~40代がメイン。実名で掲載する。
Twitter必要なものだけ揃えられるカスタムプラン
Instagram10~30代がメイン。

参照:総務省情報通信研究所 平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

リンクを増やすためには、記事を多くシェアして認知を広げる必要があります。 ここで、注力したいのがTwitterです。
例え良いことであっても、実名での投稿は心理 的ハードルが高くなります。
Twitterは匿名で投稿ができるため、有益なコンテンツで あると認知された際には、一気に拡散されていきます。
ですが、有名人でない限り、一方的にツイートするだけでは、拡散はできません。
日頃からTwitterアカウントを育てていく必要があります。
外部の人たちとコミュニケーションを多く取りフォロワーを増やすことで、人工的なリンクではなく、自然で質の高いリンクの増加を目指します。
また、内的SEO対策で基礎体力をつけていくと同時に、外的SEO対策をしていくことが大切です。

3. 短期間で集客させたいあなたへ、Web広告ができること

これまではお伝えした内的・外的両面のSEO対策は、一朝一夕で上手くいくものではありません。
一方で、Web広告は短期的に集客が見込めます。潜在的な顧客に対して、特定の場所に興味を引くコンテンツを用意し、サイトへ誘導します。
ここで、Web広告の特性と種類について以下のとおりご紹介します。

【特性】

  • 細かいマーケティングが可能なため、ダイレクトに広告出稿ができる。
  • 効果測定がしやすい。
  • 広告の出稿中に、内容を変更することができる。

【種類(一部)】

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • リターゲティング広告 など

インターネット広告で大切なのが、性別・居住の県や地域・趣味などのユーザー属性です。
この属性データを利用し広告をするため、細かいマーケティングが可能になります。
例えば、お中元を取り扱う魚の加工業社が、リスティング広告を検討しているとします。
リスティング広告の特徴は、検索結果と属性を元にダイレクトに広告が出せることです。 日頃の訪問者の解析により、ターゲットを40~60代の女性と設定します。
ターゲットが「お中元」というワードを入れた際、検索結果の上位に広告としてメーカーのサイトが出るようにしたため、集客へ繋がりました。
数日が経ち、解析をしてみると多くの方は購入せずにサイトから離脱していることがわかりました。
「お中元」というワードは広すぎるためではないか、と感じた担当者は、一番の売れ筋の「漬け魚」を追加することにしました。
すると、「お中元 漬け魚」へ検索ワードの設定変更したことで、集客だけではなく購入へ結びついたのです。

このようにインターネット広告では、短期間で集客することができます。
今回はリスティング広告をご紹介しましたが、種類は他にもあります。
また、広告には費用が発生しますので、目標や期間などを明確することが大切です。

4. まとめ

Google検索で上位になるための方法を3つご紹介しました。
検索エンジンの表示で上位に入れば、自然とサイトの露出が増えるため、SEO対策は大切なことです。
まず、自らのサイトを見直し内的・外的SEO対策をとりながら、中長期的な視点でサイトを育てていく必要があります。
短期的な方法として広告を一部ご紹介しましたが、こちらも内的・外的SEO対策があってこそになりますので、ぜひ両輪でご検討ください。

また、私たちサンロフトはSEO対策や、広告出稿についても実施しています。 「何から始めたらいいかわからない」「SEO対策や広告について詳細を聞きたい」などありましたら、ぜひサンロフトまでお声がけください!

たとえば、こんな悩みがある方はお気軽にご相談ください。

ビジネス戦略を立てるパートナーを探している/Webマーケティングを強化したい
/Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

オンライン相談

お問い合わせ