Sunloftweblog

Webメディアの活用法!担当者が知りたい、効果の高いWeb情報アイディア3選!

こんにちは!サンロフトブログ担当です!

Webサイトを担当している方は、日々悩みが尽きないと思います。
「そもそも何からしたらいいかわからない。」「情報を発信することはとても重要だと理解しているけど、行動に移せない。」
そのような方は多いのではないでしょうか。

その悩みにお答えするために、「Webメディアの活用法!担当者が知りたい、効果の高いWeb情報アイディア3選!」と題し、情報発信の方法をまとめました。

日々、少しずつ実践していきましょう!

目次

顧客の思いをくみ取ろう、社外への情報発信

お客様には目的があって訪問しています。
サイトの運用を始めるとつい、訪問者数はどうかなど分析データで見えてくる数字にとらわれがちですが、大切なのはお客様視点とゴールへの意識です。
サイトのGoogleアナリティクス*などで分析してサイト運用しているときにも、常に仮説を立て改善を行ったほうが、実際のサイトのゴールにたどり着きます。

*Googleアナリティクス https://analytics.google.com/analytics/web/provision/?hl=ja#/provision

例えば、せっかく自社サイトをオープンしたのに、一向にそのサイトからの売上が上がらないという悩みを抱える企業があったとします。
そこで、Googleアナリティクスを使用し、サイトを分析しました。
その時に、見えてきたのが「自社のサービス概要を紹介するページでの離脱が多い」という事実です。
言い換えると、概要を紹介するページでサイトから離れてしまい、売上に貢献していないということです。
そこで、「概要を知りたくてサイトへ来た人は、理解した後に申し込みもしたい。」と、仮説を立て、概要を紹介するページの下に申し込みへ進めるような掲載をしました。
すると、多少離脱はあるものの、そこから申し込みへ進むお客様を増やすことができました。
このように、お客様視点で考えると、「概要を理解すれば、申し込みも行いたいのかもしれない…」ということをくみ取り仮説を立てることができ、実際のゴールに結びつけることができるのです。

きちんと更新している? 世代にあったアピールの方法で採用情報を発信

採用サイト(もしくはページ。以下、全てを「サイト」と表記します。)があるから、情報発信は大丈夫!と思っている方も多いのではないでしょうか。
以下の点を見直してみてください。

  • 更新が滞っていないか。
  • 時代にあったコンテンツを提供しているか(SNS、動画など)。
  • 採用メディアからの導線を作っているか。


採用サイトに限った話ではありませんが、サイトは運用し本来の目的に向かって活用していかなければなりません。
採用サイトの目的は多くの人に会社へ興味を抱いてもらう事や応募を増やす事などです。
そのためには、継続的に更新し運用を継続する必要があります。
その際に重要なのは、ただ更新を続けるのではなく、世代にあったコンテンツを提供しているか、です。
例えば2021年卒業の学生とネットメディアの関わりを考えてみましょう。
彼らが小学生の頃には、YouTubeやtwitterが登場し、中学生の頃にはすでにLINEのサービスがスタートしています。
そのような世代が親しみやすいコンテンツを提供していますか?
昨今、テキストデータよりも動画の方がより記憶に残りやすいと言われています。
女子大学生のおよそ7割がYouTubeを見て商品を購入した事がある、という調査結果もあり、新卒採用世代へ動画が与える影響力がわかります。(参考:YouTuber(ユーチューバー)の動画を参考に物を購入する女子大生が30%超!現役女子大生の貯金額、最高 450 万円!Z 世代におけるお金と購買行動に関する調査|株式会社KIRINZのプレスリリース

また、動画を利用する事で、テキストでは伝わりにくい社内の雰囲気などを伝える事ができます。
さらに、いくら更新をしても、見てもらわなければ意味がありません。 更新したことを広く告知していく必要があります。
そのために、SNSは非常に大きな役割を果たします。
SNSは年代により、使用しているツールが異なります。
20~30代ならTwitter、40代以降のベテランを採用したいならFacebookを活用する必要があります。
自社に入社してほしい人物像により、SNSへの展開の仕方が異なりますので注意が必要です。

最後に、採用メディアからの流入です。
超大手と呼ばれる誰もが知っているような企業でない限り、なかなか自社サイトからの応募どころか訪問者数も少ないかも知れません。
多くの応募者は採用メディアからだと思います。ですが、採用メディアは既存のフォーマットに沿った、ある程度の情報しか掲載する事ができません。
採用メディアに自社サイトへの導線を設ける事で、より詳しい内容を説明する機会を得る事ができます。

情報共有だけではない、コミュニケーションを築き上げる社員への情報発信

Web運営と聞くと、「社外に対しての情報」と考えるのではないでしょうか。
上記で伝えましたように、社外への情報発信はとても大切です。
一方で、社内はどうでしょうか?
Webを運用し、情報共有が徹底されたり、気持ちの良いコミュニケーションが図れていますか?
以下のような事が社内のWeb運用で可能になります。

  • 自社で取り扱っている商品や製品の取り扱い説明や、仕様書、また、手順書などをPDFで公開し共有したい
  • プロジェクトのメンバーだけで会話を行い、資料などを円滑にやり取りしたい

情報共有などの資料については、グループウェアを使用する事で実現できます。
グループウェアには掲示板機能などもありますので、 全員に伝えたい重要な情報を共有することも可能です。

次に、社内SNSを使用する事で、プロジェクトメンバーとの円滑なコミュニケーションが可能になります。
グループウェアとの違いは、チャットなどを使用する事ができるため、 手軽にメンバーとの会話が可能になる事です。
タスク管理なども同じグループでできますので、休暇を取っていたメンバーも容易に追いつく事ができます。

まとめ

今回は「Webの運用から活用へ。Web担当者が今すぐできる3つのこと!」という事で、3つの活用アイディアを紹介しました。
それぞれに共通するポイントは、関わっている人に対して適切なコンテンツや場所を生み出し続けるということです。
つまり、一度サイトを作って終わりにしないということが大切です。
目的を達成するために、分析を繰り返して戦略を練っていく必要があります。 見直しをせずただ「運用」するだけでなく、分析を繰り返してWebを「活用」し、本来の目的を達成できるようにしましょう。

また、私たちサンロフトは皆様のWebの分析から改善提案、活用支援を実施しておリます。 「自分たちのサイトの改善点がわからない。」「どんなお客様が見にきてるの?」などお悩みを抱えていませんか? Webに対してのお困りごとは、ぜひサンロフトまでお声がけください!

たとえば、こんな悩みがある方はお気軽にご相談ください。

ビジネス戦略を立てるパートナーを探している/Webマーケティングを強化したい
/Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

資料請求

お問い合わせ