ヒアリングの手順

ヒアリングの手順

初めてヒアリングをしてみて知ったヒアリングのやり方や用意しておくもの、困ったときの対応について書きたいと思います。まだまだ上手く進められていませんが、私と同じような新米デザイナーの方たちにも参考になればと思います。

目的の確認

サイトのリニューアルか、新規で作るのか等、今回制作する際の目的を確認します。

デザインに関してのご要望を聞きだしていく

  • どのような雰囲気のサイトにしていきたいか
    (かわいい/さわやか/パステル/上品/にぎやか/堅実/自然/シンプル/カラフル/真面目/幻想・神秘的/落ち着いた/優しい/クール/高級感/知性的等)
  • 見る人にどのような印象を与えたいか
  • 希望するイメージカラー
    (赤・ピンク系/黄・オレンジ系/緑系/青・水色系/紫系/茶色系/黒・白系)
    色見本や色の意味を載せたものも役に立つ場合がありました
  • 掲載したいキャッチフレーズやロゴ、キャラクターの有無
  • 画像やイラストの有無
  • 素材の提供のお願い…etc

このようにいくつか質問を前もって用意したヒアリングシートを作っておきますが、質問内容に困った際は、様々なヒアリングシートを集めたサイトがありダウンロードができるので、質問内容や仕方に関して参考になりそうです。

ヒアリングシート紹介サイト「ferret」:https://ferret-plus.com/3256

質問だけではお客様のイメージが湧かず困ったときは、、、

お客様の業種に沿ったサイトでデザインの雰囲気が違うものをいくつか集めた「サイトデザインの提案」を作っておき、その中から

  • どのデザインが好きか(→好きな点を詳しく)
  • 逆に好みではないデザイン(→どういう点が理想と違うか)

を聞き、お客様の理想を具体的に聞きだしていきます。言葉だけではお客様もイメージは湧きづらいので、実際に様々なデザインを見てどんなデザインがあるか知ることで、具体的にイメージしやすくなります。

まとめ

手順がわからないということは逆に考えればお客様が分からない点に気づきやすいのかとも思いますので、自分がお客様ならどのようなことが知りたいか、何があれば助かるかを考えて、ヒアリング用の資料を作っていけばいいのかと思いました。
一番はシートに頼りすぎず、お客様との会話を楽しみながら、デザインに直接関係のないような話題からも制作時に知りたいポイントが見えてくる場合があるので、お客様がリラックスしながらイメージを膨らませやすいように会話を進められるようになりたいです。

この記事をシェアする