お客様から選ばれるホームページに必要不可欠な5つのコンテンツ

ウェブ解析士の永井です。

時代の流れとともに、ユーザーの購買行動が変化してきました。

  • 様々な媒体からかんたんに情報を得ることができる
  • 閲覧者のリテラシーが高まり、比較検討をしたうえで本当に気に入ったものを選ぶ

世の中には情報があふれていて、ユーザーはその中から必要な情報だけを選択してます。
それはつまり、従来の情報発信の仕方では選ばれる存在にはなれず生き残れないことを意味しています。

中小企業が生き抜くために必要なこと

これからの時代を中小企業が生き抜いていくためには、他社との差別化を図った、自分たちにしか伝えられないコンテンツをホームページに採用していくことが重要です。

では、皆さんが現在公開されているホームページには、他社と明確な差になる差別化要素はあるでしょうか?

おそらく、多くのホームページで似たり寄ったりな情報がならんでいるのではないでしょうか。
それは、どの企業も日々切磋琢磨しながら商品・サービス開発に取り組んでいるので、当然のことであるとも言えます。

でも、ちょっとした工夫をすれば、なんでもないと思っていたことも、他社には真似できない差別化要素になるんです。
そこで今回は、ユーザーから選ばれる存在になるために必要不可欠なコンテンツについて紹介していきます。

必要不可欠な5つのコンテンツ

以下の5つの情報が、サイトにあるでしょうか?

  1. 会社の歴史・沿革
  2. 商品・サービスについて
  3. 社員について
  4. お客様の声
  5. 会社のビジョン

「いやいや、載せてるよ。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、実際のところ載せている内容に目を向けると、非常に事務的であるケースがほとんどです。

情報を羅列するだけでは、会社・商品の魅力は絶対に伝わりません。
「歴史・沿革」「商品・サービス」「社員」「お客様」「ビジョン」
この5つをどのように発信すれば、選ばれるホームページになっていくのか考えていきましょう。

「沿革」で会社のストーリーを伝える

沿革では、以下の3つのポイントを抑えることを意識しましょう。

創業者・代表の想い

どんな想いをもって創業し、事業に取り組んできたのか。創業者の想いを核に、会社の歴史を語ってください。

創業から現在までの道のり

事業に取り組んできたこれまでの道のりで象徴的な出来事をピックアップ。
ターニングポイントとなった出来事を深掘りして、背景や経緯などを語ってください。

現在の取り組み

現在の会社の姿を伝えるためにも、まさに取り組んでいる事業などを語ってください。

「沿革」のコンテンツで重要なのは、ストーリー
事実を羅列するだけではなく、そこに背景や想いを加えるだけでいいんです。

「商品・サービス」は他社との比較材料にする

商品・サービスでは、以下の3つのポイントを抑えることを意識しましょう。

商品を取り扱っている理由

改めて原点にもどり、なぜ取り扱いをはじめることにしたか思い出しましょう。
「社会的背景」や「お客様からの強い要望」など、理由は様々あるはずです。

開発・販売するまでのエピソード

商品化するまでに、それを販売するまでに、苦労はありませんでしたか?苦労を、ストーリーに変えましょう。
「こだわり」「ゆずれないこと」など伝えたいことをピックアップしましょう。

商品への想い

実際に商品に関わる社員から声を集めましょう。
社員自身が好きな商品であればあるほど、魅力的なコンテンツになるはずです。

単純なスペックや価格を掲載するだけでは、人の心は動きません。
商品に対する想いやストーリーが、他社との比較材料になるんです。

「社員」は会社の価値を高める

社員について、では、以下の2つのポイントを抑えることを意識しましょう。

社員のタイプ・傾向

ひとりひとりが大切にしている姿勢、日常の過ごし方などを深掘りしましょう。
社員から受ける印象は、自然と社風を表します。

姿勢・想い

それぞれが、どんな想いで働いているのかを伝えましょう。
実際に社員から声を集めることでリアルに情報が伝わります。

人の表情や声には、温度が生まれます。
それは、人の心を動かすきっかけにもなるんです。

「お客様の声」で信用を得る

お客様の声では、以下の4つのポイントを抑えることを意識しましょう。

商品を購入する前の課題

閲覧している方に共感してもらうため、お客様が抱えている課題はなんだったか思い出しましょう。

選んだ理由

お客様の視点から語ってもらうことで、リアリティが生まれます。
いいところばかりではなく、悪いところも事実として伝えるようにしましょう。

課題解決のための取り組み

導入した商品のことや提案の背景など丁寧に伝えましょう。
具体的であればあるほど、閲覧者の不安を取り除くことができます。

購入後の成果

導入後になにが生まれたか、なにを得たのかを伝えましょう。

お客様の声は、集めるのに時間と労力が必要な分、効果も大きいです。
集めるための運用ルールや、それを最大限に活かすことで成果を得られるんです。

「会社のビジョン」で企業イメージを高める

会社のビジョンでは、以下の2つのポイントを抑えることを意識しましょう。

将来性を提示する

会社が向かう将来の絵を示すことにより、それに共感する顧客や人材を引き寄せることができます。

社員全員にビジョンを共有していること

対外的に示されたビジョンが、実は社内には浸透していないことはよくあります。
誰もがホームページに掲載されたビジョンを語ることができるように共有しましょう。

まとめ

お客様に選ばれるために必要な、差別化要素。
どんな会社にも存在していますし、意外とかんたんに表現することができるんです。
皆さんも、今一度自社のホームページのコンテンツを見直してみてはいかがでしょうか。

解決しようにも、なかなか手が回らない、社内に相談役がいない、といった課題をお持ちの方、サンロフトでは、Webマーケティングの支援をさせていただいております。ぜひ一度、ご相談ください。

ご相談はこちら

この記事をシェアする