MEO対策できてる?GoogleマップのSEO対策で店舗集客を増加を図る

ウェブ解析士の中村です。

突然ですが、MEOはご存知ですか?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略であり、Googleマップに対する地図エンジンの最適化を指します。
Googleで検索した際に、「サービス名」+「エリア」で検索した場合、下記のようにGoogleマップの検索結果が表示されます。

Googleマップを使っているユーザーは多い

行きたい店舗を探す際に、Googleマップを利用しているユーザーは44%もいるようで、その理由はスマホの普及にあります。
スマホのGPS機能で、現在の位置情報をもとに周辺の店舗を表示するので、意外と利用率は多いのです。

MEO対策のメリット

ローカル検索結果に表示させる対策をMEO対策と呼びます。SEO対策と同様に無料でできるWeb集客施策です。
有料広告やSEO対策と比べてリスクを追わずに高い効果を得ることができ、「地名+サービス」や「地名+業種」などで上位表示されることで、確度の高いユーザーの取り込みが可能となります。

効果を発揮しやすいのが、店舗集客が必要な業種です。
例えば、「静岡駅 ランチ」で検索した際には、食べログの下にGoogleマップが表示されるため、ここに掲載されるだけでユーザーとの接触機会が増加し店舗来店に大きく貢献できる可能性があります。

ただし、残念ながらMEO対策は意外と認知されておらず導入している企業はあまり多くありません。

MEO対策はGoogleマイビジネスから

手順① Googleアカウントを登録してログインしよう

Googleアカウントを持っていない方は、下記より必須事項を入力し、アカウントを作成します。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

手順② ビジネス情報入力と確認コードのお申し込み

下記のページにアクセスし、右上の「ご利用開始」をクリック。必要事項をフォームに入力します。
https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

登録が完了すると、後日、オーナー確認用の「確認コード」が記載されたハガキが届きます。Googleマイビジネスにログインして、確認コードを入力します。

オーナー確認が完了すると、お客様のビジネス情報が様々なGoogleサービス上で表示されます。

まとめ

MEOは、SEOと異なるロジックであり、無料でできる集客策です。
特に店舗集客を狙いとするBtoC向けサービスには効果的でありコストパフォーマンスが出ます。
SEO対策、MEO対策の両面をしっかり行うことで、ライバル店舗に大きな差をつけることができます。

実装において、不明な点があればサポートしますので、お気軽にご相談ください

この記事をシェアする