意外と多い検索エンジン集客とインターネット広告集客に関する間違い

ウェブ解析士の加藤です。
ホームページへのアクセス手段は、大きく分けると4種類あります。

  • 検索エンジン経由の集客
  • インターネット広告経由の集客
  • ソーシャルメディア経由の集客
  • 他のサイトからの参照リンク経由の集客

一般的に、4割~6割程度のアクセスが検索エンジン経由とも言われています。
なので、インターネット広告はお金がかかるから「集客施策の基本は検索エンジン対応(SEO対策)だ」と考えるお客様が多いです。

たしかに、検索エンジン経由でくるユーザは、インターネット広告と違い目に見える形での費用が見えにくいので、「無料で集客が出来て、ホームページからお問い合わせが来る」という間違った考えを持っている方が意外に多く見られます。

検索エンジン経由のアクセスが特別に思われる理由

検索エンジン経由の集客は、

「検索数の多いキーワードで上位に表示されれば、無料で集客ができ成果がでる」
「一度検索エンジンから集客出来れば、何もしなくても安定して集客出来る」

こんなイメージから検索エンジン経由のアクセスが最も効果的な集客方法として特別視される事が多いです。確かにインターネット広告など広告宣伝費がかかるものなので活用をためらうお客様もいます。

しかし、検索エンジン経由のアクセスが無条件に最も費用対効果が良いかというと決してそんなことはありせん。広告費以外にも着目するとインターネット広告の方が優れている部分もあります。

検索エンジン経由のデメリット

広告費をかけずに検索エンジン経由からお問い合わせがくるようにするには検索エンジンに最適なキーワードで上位表示する必要があります。それには以下の作業が最低限必要になっていきます。

  • 最適なキーワードを探す調査
  • そのキーワードで集客した人を成果に繋げるコンテンツを作る
  • 順位が上がるように改善し続ける必要がある

また世の中には上位表示をするノウハウがたくさん出回っていますが、何を信じたらいいかわからないことも多いのが実情です。

なぜなら、検索エンジンのアルゴリズムはブラックボックスでだれにも本当のことはわからないからです。しかもルールの変化も激しいので1年前の情報が古くて役にたたないことも多々あります。さらに

  • 公開したばかりのサイトでは、効果が出るまでに時間がかかる
  • そもそも対策をするには対策する時間がかかる
  • 集客したいキーワードが変更になった際、切り替えをするのが大変

「検索エンジン経由の集客は無料」という考え方には、これらの作業コストが抜け落ちてしまいがちです。これらの対策は実践するとわかりますが想像以上に労力と時間がかかります。

インターネット広告のメリット

それに対してインターネット広告は以下のようなメリットがあります。

  • 費用を投下すれば狙ったキーワードで上位表示をすることが出来る
  • 集客したいキーワードが変更になった際、知識を持った代理店に頼めば素早い変更が可能
  • 検索エンジンで上位表示が狙えない場合でも出稿が出来る

またホームページ立ち上げたばかりは、なかなか検索表示されないので積極的にインターネット広告を使ったほうがいいかもしれません。作成したホームページはアクセスされて初めて、改善点が見えてきます。ですので早くアクセスを集めることも重要だったりします。

インターネット広告は出稿してから1~2日あればネット上に反映されるので非常にスピーディーに最適な集客を集めることができます。脚端に言えば、すべてのアクセスがインターネット広告でまかなっていてもその結果として許容範囲のコスト内で狙った成果が出せれば問題ないかもしれません。

まとめ

検索エンジン経由の集客は大変でインターネット広告は簡単!みたいな説明になってしまいましたが、もちろん検索エンジン経由にも強みがたくさんありますし、インターネット広告にもデメリットは存在します。

ただ安易にインターネット広告は広告費用がかかるから検索エンジン経由の集客が万能という考え方はオススメ出来ません。

成果を出すために大切なことは、費用対効果で全てを考えることです。商品やサービスに対する販促費用をきちんと決め、そのなかで最大限反響を得る手段を考えていく必要があります。

この記事をシェアする