採用を成功させるために!ペルソナを考えてみませんか?

こんにちは!
ウェヴ営業の望月です。

採用が難しいと言われている昨今。

・優秀な人材を採用できない
・採用してもすぐにやめてしまう

といった課題を抱えている企業が多いのではないでしょうか?

採用活動の成功には

・どんな性格の人が自社の社風に合っているのか
・どんなスキルを持った人が必要なのか

といった求める人物像の設定が欠かせません。

求める人物像が曖昧だと、たとえ優秀な人材を確保できたとしても採用のミスマッチが起きてしまい、結果的に採用した人材がやめてしまう可能性があります。

自社にマッチした優秀な人材を採用するためにはペルソナを設定することが効果的です。

ペルソナの設定で求める人物像を明確に!

「どんな人」を採用したいのかをペルソナを作って設定してみましょう。

ペルソナを設定をすることで、頭の中にしかなかった採用基準が「見える化」されます。

ペルソナの設定には、年齢や性別、家族構成、住んでいる地域に加え、性格、ライフスタイル、価値観、趣味、スキル動機、仕事の役割、動機、キャリアプランなど
内面な部分も明らかにしていくことがポイントです。

架空の名前をつけたり、写真を用意しておくと、人物像が具体化する効果もあります。

そして、設定したペルソナをベースにして、実際に配属される部署のメンバー、関わるメンバー
経営層など、さまざまな立場の人にペルソナが適切なものとなっているかをヒアリングして、
出てきた意見を反映させてミスマッチが起こらないようにしていきましょう。

ペルソナの内容に合わせて募集要項の作成していくことで、
求めている人物像の応募にもつながります。

設定したペルソナにマッチした求職者を集めるために

集客を考えた際に、とりあえず大手求人媒体となっていませんか?

確かに大手求人媒体は知名度が高く登録人数が多いため、エントリー数は多くなりますが、重要なのはペルソナにマッチした求職者のエントリーの数です。

ペルソナにマッチした求職者のエントリー数を考えるうえで採用サイトが効果的です。

採用サイトは、会社概要、活動内容、待遇、給与などはもちろん、社員や仕事環境、社内制度・評価制度など雇用環境の良さやも伝わりやすくなり、ペルソナにマッチした求職者に対してアピールすることができます。

ですが、採用サイトがあるから求人媒体を辞めてしまうのではなく、採用サイトと求人媒体同時に活用するなど様々な手段を活用して集客をしつつペルソナにマッチした求職者に応募してもらえるようにしていくことが重要になってきます。

まとめ

採用を成功させるには、求めている人物像を社内で共有してペルソナを設定することに加えて、ペルソナにマッチした求職者に応募してもらえるように、集客の方法も考えることが大切です。

サンロフトでは採用サイトの制作・マーケティングの支援をさせていただいております。

何かお困りごとなどご相談がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

ご相談はこちら

この記事をシェアする